FC2ブログ

FX自動売買の方法

FX初心者
07 /22 2018
FXの自動売買にはいくつかの方法があります。
・リピート系の自動売買
・シストレ系の自動売買
この2つはFX会社で提供されているサービスを使います。

どちらも簡単に入れて、簡単に停止(リピート系は少し面倒なところもありますが)できます。
提供サービスを使えば、ある程度の利益が得られる思います。

・ある程度まとまった資金が必要(最低30万円~)
・ストラテジは選択できるが、値動きに合わせて自分で選択する必要がある。
 (シストレ24ではオートで切り替えるシステムがあるみたいです)
・一ヶ月に数%の利益が得られることがある

利益に関しては、プラスの時もありマイナスのときもあるけどトータルでプラスになるでしょうという感じです。ロボアドバイザーと同じ感じですね。

まとまった資金が必要なのは特にリピート系
ポジションをたくさん持ちますので、その分必要になります。
また、資金が少ないと損切りが多くなり、いきなり価格帯が変化すると大きな損失を招く恐れがあります。

シストレ系は選ぶストラテジによりますので、相場を読む力が試されると思います。

リピート系であれシストレ系であれ利益を生むためには、どのみち相場を読む力が試されるのです。
MT4 EAを使えば、EAの選択、細かなカスタマイズなどができるので、利益のコントロールが自分でカスタマイズできます。
FX中級者向けと言われていますが、FX初心者でも敷居は高くないです。しかし!PC初心者には敷居が高いかもしれませんw

MT4 EAのメリット・デメリット


MT4 EAのメリット
・少ない資金でも可能
 EAと取引口座を選ぶ必要がありますが、10万円でも運用可能です。
 (実際、私は20万円で運用しています)
・FX会社を選べる
 スプレッドの狭さや約定力、好みwなどで契約するFX会社が選択できます。
・EAのカスタマイズが可能
 EAにもよりますが、損切りPIPS、利益PIPS、トレーリングストップの指定、取引時刻など細かく指定できます。

MT4 EAのデメリット
・VPSを契約する必要がある
 一ヶ月に2000円前後(国内VPSサービス)必要になります。
 AWSならば一年間無料、一年後から1ヶ月10$程度必要です。
・EAを購入する必要がある
 1つのEAで1万5千円~2万円程度必要です。
・VPSのセットアップ、MT4のセットアップが必要
 VPSにリモートデスクトップでログインし、MT4のインストール、EAのセットアップが必要になります。

MT4 EAでは初期投資が2万円前後、毎月2千円前後必要ですので、資金が少ないと回収に時間がかかります。
しかし、運用に慣れてくれば一ヶ月数%~10%程度の利益を得られる人も少なくありません。
(良いEAに出会えれば、右肩上がりになるでしょう)

MT4のインストール・EAのセットアップ

まずデモ口座を申請しましょう。FX会社は好みで決めていいですw
リアル口座開設の勧誘メールが来るので、メールが来ても良いようなメアドにしておきましょう。
勧誘メールが嫌ならMT4のデモ口座でも構いません。その場合はMetaTrader4のサイトからダウンロードします)

私はデモ口座の前にリアル口座を開設してしまったので、後悔しています。
口座開設キャンペーンの恩恵を全く受けられなかった ┐( ̄ヘ ̄)┌
口座開設キャンペーンは、同じFX会社でもいろいろなパターンがあるので、比べて見ると良いですよ。

フォレックス・エクスチェンジでは「俺のEA」とい、通常は有料EAが無料でいくつか使用できるようです。初期投資が減りますね。
(ただ、そのEAが利益を生むかどうかは調べたほうが良いです)
デモ口座でも使えるのなら、デモ口座を開設したい気もします。開設したらまたブログに書きます。

デモ口座を開設するサイトには必ずと言っていいほど、MT4のダウンロードボタンがあります。
MT4をダウンロードしてインストールしてください。
MT4をインストール後、立ち上げるには口座にログインする必要があります

ここでデモ口座を入力しましょう。

MT4が立ち上がるとこの様な画面になります。

EA設定0 
EAをセットアップするには、エキスパートアドバイザのファイル(MACD Sample, Moving Average)をチャートにマウスでドラッグアンドドロップします。

ここでは「Moving Average」をドラッグしましょう。
下のようなダイアログが表示されます。パラメータの入力をクリックします。

EA設定0-1

カスタマイズできるパラメータが表示されます。
そのままOKボタンで適用します。
 
EA設定0-2

右上にEAが正常に動作していることを示すニコちゃんマークが表示されます。

EA設定3 

EA設定2 

左側には通貨ペアと時間足の表示がされますが、EAが特別な情報を表示することがあります。
Moving Averageのコードを少し変更して情報を出してみました ( ̄ー ̄)ニヤリ

全体ではこのような表示になります。(あまり変わり映えがしないですね)

EA設定1

このEAが動く(売買する)とこのような表示になります。

EAバックテスト

バックテストの結果チャートです。
青矢印が買い(ロング)オーダー、赤矢印が売り(ショート)オーダーです。黄色が決済をしています。
バックテストはEAが正常に動作するか、利益を生むようなEAかを過去データでテストできます。
Moving Averageは、ゴールデンクロス、デッドクロスでの売買を繰り返しているようです。

使いたいEAが見つかったら必ずバックテストをして、利益を生むのかテストしましょう。
gogoJungleで各EA(システムトレード)のバックテスト、フォワードテストが表示されていますので、参考に見ておくと良いです)
バックテストやフォワードテストの見方はおいおい書いていきます。

VPSのことは置いておいて、まずは試しにデモ口座&自宅PCでMT4&EAの運用をしてみるのがベターです。
EAは無料で手に入るもの、MQL5マーケットMT4の無料EAを探しましょう
そして裁量トレードもやってみて、デモ口座で利益が出るようなトレードを目指してみましょう。

パペ太メモ

・デメリットもありますが、MT4 EAがおすすめ
・まずデモ口座でMT4をインストールしましょう。
・無料EAを探して、EAの使い方に慣れましょう
口座開設キャンペーンを忘れずにw


次は書くのを忘れていた基本、通貨ペアとスプレッドなど。

 

関連記事

コメント

非公開コメント

パペ太

パペ太は自動人形(EA)を操るという意味で、puppeteer(人形遣い)から付けました。
高収益のEAを目指して日々悩んでいます。