FC2ブログ

Trend Beam 購入レポ -MTF編-

テクニカル指標
09 /30 2018
せっかくMTFが使えるので、試しにMTFインジケータを作ってみました。

Trend Beam MTF 4時間足


MTF-4H2.png

売買シグナル は、Trend Beam 5分足のシグナルを表示しています。
トレンドラインは、Trend Beam 4時間足のトレンドを表示しています。

黄色の大きな点線で囲ったところは、4時間足ではレンジ相場になっています。
青い大きな点線で囲ったところは、4時間足でトレンドが発生しています。

5分足のシグナルを4時間足のトレンドを見つつトレードするスタイルでも行けそうですね。

紫の〇で囲った売買シグナルは、4時間足と逆行している売買サインですが、トレンドの切り替わりが早いので、レンジ相場だとある程度判断できます。

逆行する場合には、売買サイン後に一旦押し目、戻り目(赤い破線のタイミング)でオーダーすれば、タイミングが遅くはなりますが、逆行する確率が少なくなると思います。

5分足でもレンジの場合は、4時間足でも逆行している場合に押し目、戻り目を待っていると、次の売買シグナルが発生しますので、ここのシグナルは無視できます。
(図の右端のほうですね)

Trend Beam MTF 1時間足

1時間足のほうが5分足とズレは少なくなりますが、大局のトレンドが見たい場合は、中途半端になりますね。

MTF-1H.png

カスタムインジケータを作ると、1時間足のトレンドでフィルタして表示もできますが、あまり意味はない気がします。

フィルタ

4時間足、日足のトレンドを参照しながら、5分、15分足での売買シグナルでトレードするのが良いと思います。  
プラス、オシレータ系のインジケータを4時間足で合わせて参考にするのが良いかもしれません。

パペ太メモ

今回も、iCustom で作成していますが、MTFインジケータはiCustomを1表示に対して4回呼び出す必要があります。iCustomって非常に遅いので、このインジケータを表示するとMT4が固まったかと思いました><

Trend Beamを普通に使用して、MTFで2重表示したほうが描画が早いです。カスタムインジケータ作る必要はありません。o(⌒ー⌒)o

試しにカスタムEAを作成しみようと思ったのですが、この遅さではバックテストが正常にできるかどうか・・・( ̄へ ̄|||) 
なのでEAの検証は超超高速CPUが出来てからですねw

パぺ太の使用しているマシンスペックは、MT4には十分だと思うのですが・・・
・CPU:i7-8750H 2.20GHz
・GPU:GeForce GTX-1060 6GB
・memory:16GB




Trend Beam 購入レポ -検証編-

テクニカル指標
09 /23 2018
Trend Beam を使っていろいろ試してみました。

その1 カスタムインジケータ

Trend Beamのバージョン情報には、iCustom での使用方法が書かれています。

バッファ内訳

iCustomを使うと、自分でカスタムEAカスタムインジケータが簡単に作れるんですね
shift=1(確定足):MT4では0が現在です。当たり前ですが現在の終値は確定していません。
確定した足情報は1期間前なので、iCustomのshiftパラメータでは「1」を指定してくださいということです。(たぶん)
Index Buffer(0...19):MT4のチャートに描画しているバッファの位置です。
売買シグナル(矢印)や上昇・下降トレンドを表すライン表示に、どの位置のバッファを使用しているかということです。

・・・こんな情報開示してるのは、どうぞiCustomでお好きにってこと?
凄いなー、恐れ入ります。

ということで、Trend Beamを使用したインジケータをちょっと作ってみました。

TrendBeam乖離フィルタ-USDJPY-M15

Trend Beamからは売買シグナル(矢印)のみを取ってきています。
緑・赤ラインは、CCI、ATRで予測されたトレンドラインです。
売買シグナルの小さい方は、CCI/ATRトレンド、ADX、RSI、乖離率フィルタで無効になったシグナルです。
※USD/JPY M15 の直近で行っています。
 
売買シグナルが発生した時の終値に赤・青2重丸を表示しています。
点線の四角が実際に売買で利益が発生するエリアです。
また、黄・青丸で囲んだ矢印は利益が出そうなのに無視したシグナル、損益が発生しそうなのに有効になっているシグナルです。

こう見るとフィルタがまぁまぁ有効に働いている気がします。
他のテクニカル指標を併用すると、ノイズに強くなりますね。
ただ、有効なシグナルを見落とす可能性が高く、やはり自動でフィルタするよりも人の感覚に頼ったほうが良さそうです。

その2 カスタムEA

「自動でフィルタするよりも人の感覚に頼ったほうが良さそう」と書きました。
これを検証してみましょう。

Trend Beam でEAを作成しました。

TrendBeam-ADX-RSI-乖離フィルタ-EAグラフ

TrendBeam-ADX-RSI-乖離フィルタ-EAレポート

勝率は54%ですね。
USD/JPY M15、2018/01/01~2018/07/31までの期間でバックテストを行いました。

EAの仕様ですが、エントリーはTrend Beamの売買シグナルに各種フィルタをしています。
S/Lは初期10PIPSで売買シグナルが外れた場合には即クローズされます。
T/Pは初期40PIPSですが、S/L・T/P共に価格が一定値変動すると切り上げていきます。
(トレーリングストップ&プロフィット)

勝率が低いのはフィルタのせいですねー。もう少し練る必要があります。
何が悪いのかを調べるのが大変。( ̄へ ̄|||) 
 
TrendBeam-ADX-RSI-乖離フィルタ-EAレポートーSL200

勝率のマジック!

勝率を上げるにはS/Lを大きく取れば簡単に上がります。
勝率97.52%!S/L以外は同じパラメータですよ?!   
なんと、売りポジションに至っては100% ( ̄ー ̄;)ゞ

S/L=200PIPS、まぁコツコツ・ドカン型ですw

フィルタの検証目的でEAを作るのが目的ではないので、S/L=10PIPSで勝率を上げる方法を模索しましょう。
 

パペ太メモ

自動フィルタでは、Trend Beamの売買シグナルを生かしきれていませんね。
パペ太のFXスキルが低いせいで、EAが上手く動作していないのか、自動でのフィルタが難しいのか、Trend Beam と今回選択したフィルタの相性が悪いのか・・・
いろいろ原因は考えられますが、もう少しがんばりましょう。(_ _|||)

今の所の結論:ADX、RSI、乖離率、CCI、ATRでのフィルタはある程度有効。
自動でフィルタするよりも人の感覚に頼ったほうが良い
もしくはディープラーニングに頼るか・・・

今回作成したEAのテクニカル指標のパラメータはこちら。
 ADX、RSI、乖離率、CCIの期間:14
 ATRの期間:5


Trend Beam 購入レポ

テクニカル指標
09 /15 2018
無料EAのバックテストをしようと思っていたのですが、「Trend Beam」を購入したので使用感のレポートです。

Trend Beam チャート画面

チャート表示USDJPY-15分足 
USD/JPY 15分足で使用してみました。

売買シグナルはリアルタイム&リペイントなし。収益PIPSも表示されています。
これは良い!

USDJPY M15-MTF

そしてMTFで、15分足と1時間足を表示してみました。こんなことしているだけで楽しいw 

トレンド系のインジケータですから、レンジ相場ではシグナルが出すぎてしまうのは仕方がないですね。そんなとき、MTFで1時間や日足を同時に表示して、大きな流れを考えてトレードするなんてことが1つのチャートでできてしまいます。

拡大してみましょう。(違う日にスクショ撮ったので、違うチャート画面です)
キャプチャ 

レンジ相場で値動きが激しいと、売買シグナルが逆転することもありそうです。

MTFで大きな流れを掴むにしても、やはりトレンド系にはレンジ相場の判断ができるオシレータ系のインジケータがあったほうが良いですね。
「Trend Beam」を活かすためのインジケータを探してみました。


ボリンジャーバンド

RSIやADX、CCIも試したみたのですが、「Trend Beam」のシグナルとあってないですねー
思いついたのはボリンジャーバンドのエキスパンドタイミングにあわせてみたらどうなる?

試してみました。
BBand-GBPUSD M30 
ボリンジャーバンドをチャートに表示するとごちゃごちゃするので、別窓で表示してます。
エキスパンドタイミングは太い黄色で表示されています。
(別窓ボリンジャーバンドは、パペ太が作ったのでネットには落ちてないですw)

他のオシレータよりも良かったのですが、あまり有効とは思えないですね。


エンベロープ

こちらも王道なので、試してみました。 Env100-1 USDJPY M30

期間100EMAで偏差1.0にしています。
エンベロープの下は買いのみ、上は売りのみで丸を書いています。

まぁまぁですが、惜しい今一歩という感じです。


移動平均乖離率

乖離率は、価格が移動平均線からどれだけ離れているかを数値化したオシレータ系の指標ですから、当然離れ具合で「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断します。
RSIなどと同じようなテクニカル指標ですね。オシレータ系はあまり相性が良くなかったですが・・・

しかし!
kairi USDJPY M15 
移動平均乖離率の黄色い部分は後で塗っていますが、乖離が大きい時の売買シグナルを残してみると、良くないですかー!?
(乖離率の使い方とは逆のような気がしますが、気にしない( ̄- ̄;))

移動平均乖離率の一定値を超えていたらという判断で精度があがりますね。単純だし、移動平均乖離率で決まりかな?!


パペ太メモ

レビューによると一目均衡表(INDICATOR様の「Ichimoku_Custom_Model_S」)と合わせると良いそうです。
ただ、パペ太はまだ一目均衡表を使いこなせないのでw、他のテクニカル指標を使ってみました。
(チャートの一部分だけで合わせてます。全体であっているかは、ルールに沿ってデモ運用してみるか、調査用のプログラムを組まないとわかりませんね)

gogoJungleでのレビュー&評価がすごく良いインジケータだけあって、見やすく直感的で、売買シグナルがいいタイミングで表示され(当然メールも送信できます)、クローズタイミングも的確に表示されています。
レンジ相場をうまく避けながらトレードすれば、超使えるインジケータですよ。
o(⌒ー⌒)o
製作者、INDICATOR様のメール対応も丁寧で素晴らしかったです!

ただ1つ問題点が、パペ太のスマホメールは同期かけていても来るのがすごく遅い!
(_ _|||)
なんとか解決する方法を考えないとw

MQL5フォーラムで見つけたインジケータ

テクニカル指標
09 /01 2018
テクニカル指標ではなくて、インジケータですね。

まず、MQL5フォーラムではなくGogoJungleでは有料でインジケータやEAを売ってます。
Trend Beam が人気ですね。買ってみようかなー


インジケータだけの表示がないので、雑多ランキングですが・・・

さて、本題です。MQL5フォーラムでは、無料でソースコード付きのインジケータがダウンロードできます。

評価の高いインジケータを紹介します。

var mov arg


var mov arg

USD/JPY M15に表示しています。トレンドがわかりやすくなりますね。
売買タイミングも黄色のドットで表示されます。

製作者じゃないのでウリ文句が出てきませんが、使いやすそうなインジケータです。

Tipu CCI

CCIは、商品チャンネル指数「Commodity Channel Index」の略です。
買われすぎ、売られすぎがわかる指標なので、売られすぎたら買い、買われすぎたら売るというタイミングがわかります。

Tipu CCI

・・・いっぱいサインが出すぎて、どこでオーダーすれば良いのか?
 他のテクニカル指標と合わせて見れば良いのでしょう。たぶん・・・。

でも売買サインがでるのが、初心者にはうれしいですねー

TheTurtleTradingChannel

亀?
タートルズというFXトレーダー団がいらっしゃるそうですが、そのテクニカル指標なのでしょうか??

TheTurtleTrading.png

 var mov arg と同じようにトレンドがわかりやすくなります。
少し遅れたり、間が反転したりしています・・・ここは仕方ないのかなー

ATRStops


ATRStops.png

やはり初心者にはトレンドが見やすくなるインジケータがわかりやすくていいです。
オシレータ系は見方が難しくて・・・
ただ、トレンドがわかるインジケータは少し遅れるのが難点ですね。
 

3_Level_ZZ_Semafor


3_level_ZZ_semafor.png

初め見たときは、何だこれ?と思ったのですが、よくよく見ると③のところでオーダーすると!!
すごくないですか?
 
でもでもたぶん・・・リペイントしますよねーきっとw

どのインジケータもリペイントするかを確かめたいのですが、バックテストも無いし、ずっと見ているわけもいかないし、どうすれば?
1日中PCをつけておいて、動作作成ソフトで録画するのが良いのでしょうか。

パペ太メモ

なかなか良い無料のインジケータがありますねー
オシレータ系のインジケータを探す予定でしたが、トレンド系のほうがわかりやすいので目が行ってしまいます。
売買サインが表示されてたり、組み合わせればEAにできそうなインジケータが多いですから。

ただリペイントするのかどうかがわかりません。リペイントするインジケータをEAにすると悲惨ですからねー

次は無料のEAをテストしてみます。

パペ太

パペ太は自動人形(EA)を操るという意味で、puppeteer(人形遣い)から付けました。
高収益のEAを目指して日々悩んでいます。