FC2ブログ

MQL5フォーラムで見つけたテクニカル指標

テクニカル指標
08 /26 2018
MT4をインストールするとMQL5フォーラムにサインインしますかって聞かれます。
ほとんどん人がアカウント登録しないと思いますがw
MQL5フォーラムってなかなか便利なんです。

MT4、MT5で使えるインジケータやEAが無料でダウンロードできます。
当然、有料のすごいインジケータもあります。無料でも使えるインジケータはありますよー
(EAは怖くて使ってないですけど┐( ̄- ̄)┌ )

ソースコードを公開しているインジケータやEAもあります!
サンプルコードの宝庫ですo(⌒ー⌒)o

さて、「これ良いじゃない」って思ったインジケータを紹介します。

Trader Dream

すごい名前ですねー、トレーダーの夢ですよ。

早速チャートに表示しました。
TraderDream.png
 
なんかカッコいい!けど、右下のバーグラフはなんだろう?
マーケットが休みなので再描画なしなのかはわかりませんが、売買サインがタイミング良く表示されています。

売買サインが表示されるインジケータは、ほとんどレンジに弱いようですね。
15分足などで見てみると、細かく売買サインが表示されてしまい、あまり有効に使えるように見えませんでした。
トレンド・レンジが判断できるインジケータと併用すると良いですね。

Super Trend

また凄い名前ですw

売買サインは表示されません。
Trader Dream に似ていますが、少し遅れてトレンド表示されています。
おっ!と思いましたが、よくよく見ると今ひとつ使える感が無いですねー

SuperTrend.png


Omega Trend

売買サインがやたら表示されるインジケータです。

Trader Dream が良すぎたので見劣りはしますが、一番右のサインはこのインジケータだけが表示されています。

Omega Trend

Super Trendと同じで少し逆の表示があるのが気になります。
  

パペ太メモ

MQL5フォーラムには無料・有料のインジケータやEAが大量にあります。

今回は、名前を見て良さそうだなぁと思った無料トレンド系インジケータをピックアップしました。
また組み合わせて良いオシレータ系インジケータを探してみたいと思います。

移動平均いろいろ

テクニカル指標
08 /25 2018
いろいろなテクニカル指標を見ていって、EAに使えそうな指標を探します。

まず、あらゆる場面で使われる移動平均を見てみます。

移動平均って何?

一定区間の平均値をグラフにしたものですね。
例えば5期間の移動平均なら、その時点より前5期間の平均をプロットします。

日足で説明したほうがわかりやすいですね。
今8月25日です。5期間=8月21日・22日・23日・24日・25日ですね。
8月21日~25日の終値(終値を計算するのが一般的です)を合計し5で割れば平均が出ます。

8月26日になれば8月22日~26日の平均、8月27日になれば8月23日~27日の平均・・・
そう日付が進めば移動していくんですね。

どんな種類があるの?

  • 単純移動平均線:SMA
  • 指数移動平均線:EMA
他にも平滑移動平均線:SMMA、加重移動平均線:WMAがありますが、よく使われるのは上の2つです。

SMA(ピンク)、EMA(青色)、SMMA(オレンジ)をチャートに表示するとこんな感じになります。

移動平均

全部14期間で表示しています。
SMAがチャートに沿っているように見えますが、EMAが一番反応が早いですね。SMMAはなだらかにチャートをなぞっているように見えます。

移動平均線クロス

移動平均線の期間をずらしてあげると、チャートの動きが大まかに把握できるようになります。
SMA、EMAのクロスがゴールデンクロス・デッドクロスになっています。
これだけでトレードはできません(やっても負けるかなw)が、他のテクニカル指標と合わせて見ると役にたちます。

変わった移動平均線

少し変わった移動平均線に、カウフマンの適応移動平均線(Kaufman’s Adaptative Moving Average)という移動平均線があります。
平均を計算するだけではなく、ボラティリティが高いトレンド時に反応し、ボラティリティが低いトレンドの弱い時には鈍くなるように自動調整します。

kaufman.png

なんか、これだけでトレードできそうな気がしますが・・・
まずはカウフマンを使って売買シグナルのインジケータを作ってみたいですねー

パペ太メモ

移動平均だけでもトレードできるんじゃ?と思えます。
これは、他のテクニカル指標にも期待できますねー


個人的におすすめのEA

FX初心者
08 /18 2018
今使っているおすすめのEA、そして次に購入したいEAをいくつか紹介します。

まずはこれ!2018年5月から運用し始めて、4ヶ月で25%の利益を上げている。

PIPS miner GBPUSD


パペ太の注目したポイントは、
  • S/Lが80PIPS
  • 超高頻度(ほぼ毎日トレード)
  • ほぼ午前中でトレードが完了する
  • フォワードテストが安定していた

バックテストの成績はみんな良いのであまりあてになりません。
フォワードテストが良すぎるのは落とし穴がある可能性があります。(カーブフィッティング)
できれば数ヶ月見たほうが良いですね。カーブフィッティングはロジック・パラメータが現状に合いすぎているんでしょう。賞味期限が短いですから、同様なロジックのEAは避けたほうが良いのかな。

おすすめの PIPS miner は高頻度がポイント高いです。
そして1ヶ月平均6%の利益なので、複利1年で倍近い金額になりますねー
(7月中旬から8月中旬までは、10%以上の利益でした!)

Pips_miner_EA | GogoJungle

MultiLogicShot_EA


このEAは、USD/JPY、GBP/USD、EUR/USDの3種類の通貨ペアを自在にオーダーします。
そしてこの利益率!次に購入するぞリストの有力候補です。

  • S/Lは 65PIPS
  • 超高頻度トレード
  • DDもあるけど右肩上がり

なぜ検討中かというと、6月29日に3連続DDがあり2ヶ月分の利益が飛んでます。
ここが引っかかっています。
最近の快進撃はすごい良いですねー

MultiLogicShot_EA | GogoJungle

EA_final_max_w_mix


このEAは、トレンドロジックと、レンジロジックでのエントリーということ。
だからW MIXなんですね。

  • S/Lは 80PIPS
  • 高頻度トレード
  • コツコツだけど右肩上がり

ねこ博士のEAはTPが小さく欲がないんですよねー。コツコツ型でDDが少ないのが特徴です。

EA_final_max_w_mix | GogoJungle

一本勝ち(スタンダード)


次に購入するリスト、最有力候補です。

公式より「勢いのあるトレンドに乗り“押し目”でエントリー。乗ったトレンドが暫く続く場合、トレーリングストップしていき期待利益が無限大。逆にエントリー当初の勢いが弱まってきていると察知した場合、素早く賢くクローズ。利益の確保は勿論、損失を最小限に抑えることを大優先にしています」
一本勝ちを含めると、もう2000名近い購入者数があります。そして2年の運用実績!

  • S/Lは80PIPS
  • 中頻度で高利益

購入を躊躇しているのは価格。他のEAが2~3本買えます。
そして頻度が他のEAよりも落ちます。

一本勝ちは5万円、スタンダードは複利機能無しで3.5万円。複利は手計算ですればいいからスタンダードでOK。

パペ太メモ

いかがでしたでしょうか。
全部買ってポートフォリオを組みたいところですが、資金力が無いので 
(_ _|||)

  • 頻度の高いトレードのEA
  • S/Lが2桁PIPS
  • 安定した収益

この3点に重点を置いています。

そろそろ本格的にチャート分析に入りましょう。次は移動平均いろいろ。


EAのバックテスト

FX初心者
08 /04 2018
EAを購入したら、まずバックテスト!
デフォルト設定でどのくらいのパフォーマンスが出るのか?カタログスペック通りなのか?
やっぱり確かめてみないと!ですね。
デフォルト設定では物足りないなーとか、もっと安全に運用したいとか言う人は絶対したほうが良いです!

やり方は簡単、ヒストリカルデータをMT4に読み込ませて「ストラテジーテスター」を走らせるだけ。

まずはヒストリカルデータ

FX会社からダウンロードします。FXTF、FXDDなどのヒストリカルデータのダウンロードサイトですね。

口座登録のいらないFXDDヒストリカルデータは→こちら

そして、1分足から各時間足に展開するスクリプトをダウンロードしておきます。→こちら

ヒストリカルデータはZIP形式なので、解凍ソフト(Lhasaなど)で解凍しておきます。

準備は整いました。

MT4の準備をする

まず、チャートを最大に表示できるようにしておきます。

チャートの最大バー 

"9999999999"を入れてOKボタンで設定すると、最大値で更新してくれます。

チャートの最大バー2 

自動売買はできないようにして、DLLの使用を許可します。
(デモ口座で自動売買のフォワードテストもするのであれば、チェックしておきましょう)

DLLを使用 

ヒストリーセンターを開いて、ヒストリカルデータをダウンロードした通貨ペアを開いて、インポートボタンを押すと、インポートするファイルの指定になります。


ヒストリーセンター

ダウンロードしたファイルを読み込ませると、ヒストリカルデータが表示されます。

インポート1
             ↓
ヒストリーセンター3

ここで一旦、MT4を終了します。(終了させないと反映されないことがあるようです)
MT4を立ち上げ直して、オフラインチャートを表示します。(一分足)

オフラインチャート 
オフラインチャート2

表示した一分足のオフラインチャートに、先ほどダウンロードした「period_converter_All」をドラッグドロップします。
 
オフラインチャート3 

「period_converter_All」が、一分足から全足に展開してくれます。

オフラインチャート4 
ここまででヒストリカルデータがチャートに反映されました。
もう一度MT4を再起動しておきましょう。

EAを動かす

やっとバックテストができます。

ストラテジテスターの画面を表示してください。
エキスパートアドバイザにバックテストをしたいEAを設定します。
期間にバックテストをしたい時間足を指定します。スプレッドは「現在値」のままでも「2」などをしていしてもOKです。
また、期間を指定しないと時間がかかるので、指定しておきます。

ストラテジテスター

「スタート」で実行されます。

ストラテジテスター2  
ストラテジテスター3

「MACD Sample」の結果は全然だめですね^^;

デフォルトの設定だからかもしれません。「最適化」をしてみましょう。

パラメータの設定にスタート・ステップ・ストップを入力して、左にチェックをしておきます。
スタート~ストップまでを、ステップごとにテストしてくれます。

ストラテジテスター4 
ストラテジテスター5

 「最適化」にチェックを入れて「スタート」!

ストラテジテスター6  
最適化結果を見てみると・・・?!何も表示されてません><
バグってる??
いえいえ、有効な利益の出るパラメータのパターンがないと何も表示されませんww

「MACD Sample」・・・がっかりですw

例がないとわかりにくいので、パペ太自作のEA(テスト用)を最適化してみた結果はこちら。

ストラテジテスター7

ちゃんと最適化結果が表示されます。
最適化結果の一つのパラメータ設定でバックテストをしてみました。
(プロフィットファクタ:3.26、ドローダウン%:0.98のパラメータを選択しています)
普通に利益が出ていますね。

ストラテジテスター8  
EAを新しく買ったり、パラメータを変えたいと思ったら、必ずバックテストをしましょう。
痛い目にあいますよー

パペ太メモ

最適化は「ある期間」の最適なパラメータを探すのに役にたちますが、「ある期間」以外の期間にはあっていない可能性があります。(カーブフィッティング)

買ってきたEAはバックテストで最適化されていますが、フォワードに対処できるかは未知数です。
カーブフィッティングの場合は全くフォワードで機能しない場合もありますので、定期的に直近のバックテストをしてみたり、最適化をしてパラメータを変えて(デモ口座で)フォワードテストをするのが、おすすめです。

豆知識:
株式とかFXでは「カーブフィッティング」というようですが、機械学習(ディープラーニング)にもあって、ニューラルネットワークが学習データに合いすぎているのを、オーバーフィッティング(過学習)といいます。




パペ太

パペ太は自動人形(EA)を操るという意味で、puppeteer(人形遣い)から付けました。
高収益のEAを目指して日々悩んでいます。