FC2ブログ

FX通貨ペアとスプレッド

FX初心者
07 /22 2018
通貨ペアとスプレッドについて書くのを忘れていました><

通貨ペアは仮想通貨にもあるのですが、これが全くわからなかった ┐( ̄ヘ ̄)┌
今ではわかるようになりましたが、仮想通貨(草コイン)は制限ありすぎで、よく取引しているなぁと・・・

通貨ペア

通貨ペアとは、売買する2国の通貨の組み合わせのことです。 「ドル円」「ユーロドル」というように呼んでいます。
 左側を「基軸通貨」、右側を「決済通貨」と呼び、右側の通貨で左側の通貨を売買します

例えばドル円(正しくは「米ドル/円」です)ならば、円でドルを売買するので、円から見たドルの価格がチャートに表示されます。
1ドル110円とか言いますよね。
この場合、ドルが安くなれば円高でチャートは下降し、ドルが高くなれば円安でチャートは上昇します。ちょっとこんがらがりますよね。

ユーロドル(正しくはユーロ/ドルです)ならば、ドルから見たユーロの価格ですので、ユーロ高というのはチャートでも上昇し、ユーロ安ならばチャートは下降します。

ところでユーロ円という通貨ペアも、もちろんあります。朝のニュースでも「今日のユーロの価格は」とか言っています。

ところが、米ドル以外の通貨と円を取引する際には、基本的には米ドルを円で購入し、米ドルでその通貨を購入します。この手間を省くため、それぞれのレートを掛け合わせることでレートを算出していますが、これをクロス円と呼んでいます。
米ドルと他通貨の組み合わせの通貨ペアをドルストレートと言います。

クロス円の相場は難しいと言われています。
ユーロ円であれば、ユーロドルの相場とドル円の相場がかけ合わさるためです。

ユーロ高で円高の場合など、どちらの動きが強いか弱いかで値動きが揺れ動きます。怖い ( ̄ロ ̄|||)
(自動取引であれば勝手にやってるので、怖がりながら見ているだけですが)

スプレッド

スプレッドは買う値段(Ask)と売る値段(Bid)の差です。

買う値段のほうが高くて、売る値段のほうが安いのは、世の常です。
(買ってすぐに売れば儲かるわけがないですねw)

このスプレッドはFX会社、口座の種類、取引時間で違います。

FX会社のサイトに行くとわかりますが、スプレッド競争が激しいです。
ほとんどの場合「業界最狭!米ドル/円 0.3銭(原則固定、例外あり)」と書いてあります。

この「例外あり」ですが、激しく値動きがある場合に、いきなりスプレッドが開くときがあります。
このような激しいときは例外的に大きくなりますということです。

スプレッドでFX会社は利益を得ているのに、こんな少なくて大丈夫?と誰もが思いますが、これだけで儲けているわけでは無いようなので心配無用です。:P

リピート系やシストレ系のスプレッドは通常の10倍ぐらいあります。
これはシステムトレードの運営費用を手数料としてスプレッドで回収しているためのようで。
(MT4 EAでは通常のスプレッドで運用できます。そのかわり自分で運営する必要があります)

当然、スプレッドが狭いほうが利益が出ますので、FX会社選びの重要なポイントになります。

スワップ

スワップポイントと言います。
金利の異なる通貨を売買してポジションを持っている場合に発生する金利差の差額の事です。
このスワップポイントは1日に1回発生します。その時間にポジションを持っていない限り発生しません

例えば、日本の金利が0.1%、アメリカの金利は2.1%とすると、ドルを買ってポジションを持っている場合には、2%の金利差があります。
同じ金額を持っていた場合には、ドルでは2.1%の金利が受け取れ、円では0.1%の金利が受け取れます。購入したドルの金利から円の金利を引いた差額を1日1回(決まった時間)に受け取ることができます。
金利差2%は年利なので、日割にした分をFX会社から受け取るのがスワップポイントになります。(手数料が引かれるみたいです)

気をつけないといけないのは、この場合のドル円で売りの場合は逆のスワップポイント=マイナスポイントが発生します。オーダーの決済時にスワップポイントを支払うことになります。
(ユーロドルなどは、売りではプラス、買いではマイナスになります)

このスワップポイントもFX会社でまちまちですので、FX会社選びの重要なポイントになります。

パペ太メモ

・クロス円は難しい
・スプレッドとスワップはFX会社選びの重要なポイント


次はMT4のEA選びとバックテストにします。





FX自動売買の方法

FX初心者
07 /22 2018
FXの自動売買にはいくつかの方法があります。
・リピート系の自動売買
・シストレ系の自動売買
この2つはFX会社で提供されているサービスを使います。

どちらも簡単に入れて、簡単に停止(リピート系は少し面倒なところもありますが)できます。
提供サービスを使えば、ある程度の利益が得られる思います。

・ある程度まとまった資金が必要(最低30万円~)
・ストラテジは選択できるが、値動きに合わせて自分で選択する必要がある。
 (シストレ24ではオートで切り替えるシステムがあるみたいです)
・一ヶ月に数%の利益が得られることがある

利益に関しては、プラスの時もありマイナスのときもあるけどトータルでプラスになるでしょうという感じです。ロボアドバイザーと同じ感じですね。

まとまった資金が必要なのは特にリピート系
ポジションをたくさん持ちますので、その分必要になります。
また、資金が少ないと損切りが多くなり、いきなり価格帯が変化すると大きな損失を招く恐れがあります。

シストレ系は選ぶストラテジによりますので、相場を読む力が試されると思います。

リピート系であれシストレ系であれ利益を生むためには、どのみち相場を読む力が試されるのです。
MT4 EAを使えば、EAの選択、細かなカスタマイズなどができるので、利益のコントロールが自分でカスタマイズできます。
FX中級者向けと言われていますが、FX初心者でも敷居は高くないです。しかし!PC初心者には敷居が高いかもしれませんw

MT4 EAのメリット・デメリット


MT4 EAのメリット
・少ない資金でも可能
 EAと取引口座を選ぶ必要がありますが、10万円でも運用可能です。
 (実際、私は20万円で運用しています)
・FX会社を選べる
 スプレッドの狭さや約定力、好みwなどで契約するFX会社が選択できます。
・EAのカスタマイズが可能
 EAにもよりますが、損切りPIPS、利益PIPS、トレーリングストップの指定、取引時刻など細かく指定できます。

MT4 EAのデメリット
・VPSを契約する必要がある
 一ヶ月に2000円前後(国内VPSサービス)必要になります。
 AWSならば一年間無料、一年後から1ヶ月10$程度必要です。
・EAを購入する必要がある
 1つのEAで1万5千円~2万円程度必要です。
・VPSのセットアップ、MT4のセットアップが必要
 VPSにリモートデスクトップでログインし、MT4のインストール、EAのセットアップが必要になります。

MT4 EAでは初期投資が2万円前後、毎月2千円前後必要ですので、資金が少ないと回収に時間がかかります。
しかし、運用に慣れてくれば一ヶ月数%~10%程度の利益を得られる人も少なくありません。
(良いEAに出会えれば、右肩上がりになるでしょう)

MT4のインストール・EAのセットアップ

まずデモ口座を申請しましょう。FX会社は好みで決めていいですw
リアル口座開設の勧誘メールが来るので、メールが来ても良いようなメアドにしておきましょう。
勧誘メールが嫌ならMT4のデモ口座でも構いません。その場合はMetaTrader4のサイトからダウンロードします)

私はデモ口座の前にリアル口座を開設してしまったので、後悔しています。
口座開設キャンペーンの恩恵を全く受けられなかった ┐( ̄ヘ ̄)┌
口座開設キャンペーンは、同じFX会社でもいろいろなパターンがあるので、比べて見ると良いですよ。

フォレックス・エクスチェンジでは「俺のEA」とい、通常は有料EAが無料でいくつか使用できるようです。初期投資が減りますね。
(ただ、そのEAが利益を生むかどうかは調べたほうが良いです)
デモ口座でも使えるのなら、デモ口座を開設したい気もします。開設したらまたブログに書きます。

デモ口座を開設するサイトには必ずと言っていいほど、MT4のダウンロードボタンがあります。
MT4をダウンロードしてインストールしてください。
MT4をインストール後、立ち上げるには口座にログインする必要があります

ここでデモ口座を入力しましょう。

MT4が立ち上がるとこの様な画面になります。

EA設定0 
EAをセットアップするには、エキスパートアドバイザのファイル(MACD Sample, Moving Average)をチャートにマウスでドラッグアンドドロップします。

ここでは「Moving Average」をドラッグしましょう。
下のようなダイアログが表示されます。パラメータの入力をクリックします。

EA設定0-1

カスタマイズできるパラメータが表示されます。
そのままOKボタンで適用します。
 
EA設定0-2

右上にEAが正常に動作していることを示すニコちゃんマークが表示されます。

EA設定3 

EA設定2 

左側には通貨ペアと時間足の表示がされますが、EAが特別な情報を表示することがあります。
Moving Averageのコードを少し変更して情報を出してみました ( ̄ー ̄)ニヤリ

全体ではこのような表示になります。(あまり変わり映えがしないですね)

EA設定1

このEAが動く(売買する)とこのような表示になります。

EAバックテスト

バックテストの結果チャートです。
青矢印が買い(ロング)オーダー、赤矢印が売り(ショート)オーダーです。黄色が決済をしています。
バックテストはEAが正常に動作するか、利益を生むようなEAかを過去データでテストできます。
Moving Averageは、ゴールデンクロス、デッドクロスでの売買を繰り返しているようです。

使いたいEAが見つかったら必ずバックテストをして、利益を生むのかテストしましょう。
gogoJungleで各EA(システムトレード)のバックテスト、フォワードテストが表示されていますので、参考に見ておくと良いです)
バックテストやフォワードテストの見方はおいおい書いていきます。

VPSのことは置いておいて、まずは試しにデモ口座&自宅PCでMT4&EAの運用をしてみるのがベターです。
EAは無料で手に入るもの、MQL5マーケットMT4の無料EAを探しましょう
そして裁量トレードもやってみて、デモ口座で利益が出るようなトレードを目指してみましょう。

パペ太メモ

・デメリットもありますが、MT4 EAがおすすめ
・まずデモ口座でMT4をインストールしましょう。
・無料EAを探して、EAの使い方に慣れましょう
口座開設キャンペーンを忘れずにw


次は書くのを忘れていた基本、通貨ペアとスプレッドなど。

 

FX自動売買をするためには

FX初心者
07 /20 2018
FXには大まかに分けて3つの投資方法があります。

スイングトレード
 数日から数週間、それ以上の期間の値動きでの利益やスワップ(利息)を狙う取引手法。
デイトレード
 一日で売買を完結させ、翌日にポジションを持ち越さない取引手法。
スキャルピング
 数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる取引手法。

FX会社が提供している自動売買

初心者というより、サラリーマンには「スキャルピング」は無理です。張り付いていないと出来ませんからね。
スイングトレードでスワップ(利息)狙いが、一番安心な運用方法と思います。
でも、それでは大きな利益は得られません。

サラリーマンで貼り付けない、でも大きな利益が欲しい・・・・誰でもそうです^^;
そういう人のために(否定的な意見もありますが)自動売買のコースが用意されています。

外為オンライン:iサイクル
アイネット証券:ループイフダン
マネースクウェア・ジャパン:トラリピ
みんなのFX:みんなのシストレ
インヴァスト証券:シストレ24

インヴァスト証券


外国為替証拠金取引の外為オンライン


シストレi-NET


各FX会社でいろいろな自動売買をしていますが、ナンピン・リピート系が多いように思います。

ナンピン:難平は、買いオーダー後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、買い値(平均取得価格)を下げる手法。

要は、買いますことで持っているポジションの平均価格を下げるわけです。

これを繰り返して、上がってきたら利益の出るポジションを段階的に決済していくので、レンジ相場決まった範囲で価格が変動をする)では威力を発揮します。


シストレ系は、自動売買システムが取引をしますが、数百種類のストラテジ(プログラム)から好きなストラテジを選択して売買させます。

(ナンピン・リピート系もストラテジを選択するプランもあります)


ただ放って置いて利益が生まれるかというと・・・NO!です。

ナンピンリピート系でもストラテジ系でも、今の相場がそのシステム(ストラテジ)に合っているのか、合っていなければ停止して様子を見るもしくはストラテジを変更することが必要になります。


以上が、FX会社が提供している自動売買です。


自分で自動売買をする

FX会社で自動売買をするのは楽なのですが、大きな利益が得られる仕組みでは無いようです。


利益の面からは、裁量トレード>>>>>>FX会社が提供する自動売買となっているように思います。

難易度からも、裁量トレード>>>>>>FX会社が提供する自動売買ですね。


ところが、中間にもう一つの方法があります。

利益の面からも、難易度も裁量トレードとFX会社が提供する自動売買の中間にあります。


それはメタトレーダー4 Expert Advisor。略して「MT4 EA」です。

(最新はMT5ですが、MT4しか対応していないFX会社の方が多いです)


他と比べてみると、

利益の面 :裁量トレード>>>>>MT4EA>>提供サービス

取引難易度:裁量トレード>>>>>>>MT4EA=提供サービス

技術難易度:MT4EA>>>>>>>裁量トレード=提供サービス


技術難易度は高いですがエンジニアであれば苦もなくできます。エンジニアでない人でも選択肢を間違えなければ、そこまで難しくないと思います。


なぜ難しいのか?

MT4というWindowsアプリケーションを24時間365日動かしておく必要があります。それもオンラインが切れてはいけません。

家でPC立ち上げておけばいいじゃん!・・・ほんとにそうですか?

停電はありませんか?ドライヤーとエアコン同時につけてブレーカー飛ばしたりしませんか?

無線LANが途切れたりしませんか?


そのためにVPS(バーチャルプライベートサーバー)を契約して、Windows環境を手に入れてMT4をインストールし、EAを稼働するわけです。

当然、Remote Desktopで環境設定するので、自宅にPC(もしくはタブレット)も必要です。


契約するVPSによっては、ほとんど手間なし(MT4の環境が設定されている)のところもあるようです。AWS(amazon web service)の様に難易度の高いところもあります。


またMT4対応している国内のFX会社は少ないです。

そしてEAを吟味し購入する必要があります。(2万円前後)

(EAにはナンピン・マーチンゲールという有名な手法がありますが、危険なので初心者は手を出さないようにしましょう)


MT4対応のFX会社

MTでの自動売買の始めはMT4対応しているFX会社で口座を作ります。
まずは試しにデモ口座を作ってみましょう。

デモ口座があるのは確かめていませんが、MT4が使えるFX会社はこちら。

FXTF(FXトレードフィナンシャル)
スプレッドも狭く、バックデータも揃っているFX会社です。
楽天FX
こちらもスプレッドは狭いですね。楽天グループです。
OANDA Japan
高い約定力、スプレッドは狭いです。デモ口座もあり、gogoJungle(EAの販売をしているところ)でも使用しているEA開発者が多いです。
外為ファイネスト
EAのプレゼントなどがあります。
EZインベスト証券
高い約定力、スキャルピングOKなどが特徴です。
フォレックス・エクスチェンジ
スピーディな約定と1000万通貨まで取引可能などが特徴です。デモ口座あり。

私はこの中ではOANDA Japanしか口座を作っていませんが、他にも手を出してみようと思っています。

まずは、デモ口座+自宅WindowsPC+EA(MT4についているサンプル)でMT4&EAがどのようなものか動かして確かめてみましょう。

次回はMT4&EAの使い方ですね。

FX移動平均とは

FX初心者
07 /19 2018
テクニカル分析の基本は、サポート&レジスタンスラインと移動平均です。
他のテクニカル指標は調味料・・・異論反論いっぱいあると思いますが、初心者の言うことですからw

調味料は後にして基本の食材から。

移動平均、英語で「Moving Average」。種類もたくさんあるし、使い方もたくさんあります。
例えば・・・・その前に説明がいりますね。

FXや株式には「トレンド」があります。
ファッション業界では「今年の秋は茶色がトレンドになります」とか言ってますが、そのトレンドです。ファッション業界のトレンドは2年前から計画されているんですよねー(豆知識w)

ではFXや株式のトレンドとは、こんな感じです。

チャート・トレンド 
上昇トレンドの始まりで買って終わりで売り、下降トレンドの始まりで売って終わりで買えば、ウハウハw まぁ簡単!
って、そんなわけありません。┐( ̄ヘ ̄)┌
そんな事ができれば、みんな億万長者!億センマーンですよ。

そこで移動平均!こんな感じです。

チャート・移動平均 
緑色=7日単純移動平均線、赤色=20日単純移動平均線

指定期間の平均をプロットしていくのが、単純移動平均です。
7日間よりも20日間のほうが変化が緩やかになります。

上昇トレンドでは赤よりも緑が上になります。下降トレンドでは逆に緑が下ですね。
移動平均線を引くとトレンドがわかりやすくなります。
そして、その2つの移動平均線が交差するポイントは、トレンドが始まる&終わるポイントに近いですねー
ゴールデンクロスで「買い」、デッドクロスで「売る」なーんだー簡単!
・・・な訳ありません (^_^;)

上図でも意図的に丸を書いていないクロスもありますが、いくらクロスで売買しても利益にならないことが結構あります。

しかーし!移動平均線が使えるテクニカル指標だというのはわかっていただけたと思います!

パペ太メモ

・上昇トレンドとは価格が上昇していく状態
・下降トレンドとは価格が下落していく状態
・移動平均線でトレンドがわかりやすくなる
・ゴールデンクロスで「買い」、デッドクロスで「売る」

次は自動売買についてです。

FXチャートの見方

FX初心者
07 /18 2018
FXのトレードをするには、トレード用のソフトかアプリを使用します。
そこには絶対にチャートが表示されています。
チャートを見て注文をするのですが、チャートには何が表示されているのでしょう?

チャートを見る


チャート説明2

このチャートを「ローソク足チャート」 と言います。
ピンクが値が上がっていて、ブルーが下がっています。
真ん中の線を「ヒゲ」と呼び、色のついた部分を「実体」と呼んでいます。

チャートは通貨ペアごとに表示できます。通貨ペアとは上図のような「ドル円」とか、「ユーロ円」とかです。(用語集を見てね)
また時間軸(ローソク足のまとめ期間)が、1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足などがあり、上図では15分足=15分間の値動きを表します。

ピンクのローソクでローソク足の説明をすると、ヒゲの一番上が高値(その期間で一番高い値段だった)一番下が安値(その期間で一番安い値段だった)、初値(その期間の初めの値段)、終値(その期間の最後の値段)
ピンクのローソクは上がっている=初値よりも終値が高い、ブルーのローソクは下がっている=初値よりも終値が安い、となっています。

現在価格のラインが引かれていて、買値(Ask)が上のライン、売値(Bid)が下のラインです。
この価格差をスプレッドと言いFXの重要な要素です。
(このスプレッドでFX会社は利益を得ています)

おまけ:EA(自動売買プログラム)が動いているとEAの名称とニコちゃんマークが表示されます。
 
チャートはマーケットが開いている間、常に動いています。
(マーケットはオセアニア、日本、アジア、EU、イギリス、NYなどがあります。ほぼ24時間どこかが開いています)
イギリス、NYマーケットの取引量が多いので夜中に価格変動が激しいです。


チャートを分析する

ある程度ローソク足チャートは見られるようになりましたね。
でも、いつ上がるのか、いつ下がるのか、どうやって見ればいいの?という疑問が出てくるでしょう。

永遠のテーマです!

そんなんじゃ困る・・・困るんですよねーw

FXや株式の分析は、ファンダメンタル分析、テクニカル分析があります。
ファンダメンタル分析とは、経済指標や政策発表、要人発言などニュースで変動する要因を分析します。必ず価格が大きく上下する「アメリカの雇用統計発表」やGDP発表などの指標で予測します。

テクニカル分析はチャートの変動パターンで予測します。テクニカル指標と呼ばれるインジケータを駆使して予測します。

例として、一目均衡表とボリンジャーバンド、RSIを表示したチャートが下図です。

チャート・インジケータ 
ローソク足チャート以外のラインや図がインジケータです。
トレード用のソフトやアプリには必ず表示する機能がついています。

まず覚えたほうが良いのは「移動平均」と「サポートライン、レジスタンスライン」。この2つはテクニカル分析の基本中のキホンです。

自動売買するから関係ないや。という方も絶対覚えておかないと後悔します。
自動売買は万能ではありません。そして裁量(手動)取引ほど手間はいりませんが、ケアが必要になります。(重要なファンダメンタル要素がある場合など)

「サポートライン、レジスタンスライン」で値幅を考え、「移動平均」で先を見る感じになります。


サポートライン、レジスタンスライン

さっそく見てみましょう。

サポートライン 
ちょっと線が薄いか・・・

はじめに言い訳w
テクニカル指標って思い込みが大きいです。そう見れば、そういうふうに見えるなぁという感じです。

チャートは普通行ったり来たりします。
この行ったり来たりのラインを書いてみて、次の行ったり来たりを予想します。
サポートラインは下支えラインなので、その値で上に跳ね返すライン。レジスタンスラインは逆で、その値で下に跳ね返すラインです。

絶対にそのラインで跳ね返るわけではなく、突き抜けた場合は、レジスタンスラインだった値がサポートラインの値になることが多いです。行ったり来たりが次のステージに行くわけですね。

もみ合い(ぐんぐん上がったり、がんがん下がったりしないとき)の場合には有効な指標になります。
上図での次の値動きは少し上がってレジスタンスラインで下がる可能性がありそう・・・くらいですね。

移動平均は長くなりそうなので、次回。
その次にスプレッドや通貨単位などの説明を。



パペ太

パペ太は自動人形(EA)を操るという意味で、puppeteer(人形遣い)から付けました。
高収益のEAを目指して日々悩んでいます。